美容整形は悪者か?

以前は、美容整形というと「親からもらった大事な体を・・・」ということを言う人が多かったが、
今日では日本でも美容整形に対するマイナスイメージもだいぶ変わったのではないかと思います。
ただ、そうは言っても、世代間ではまだ多少イメージのずれはあると思います。
どうせ人生を送るならば、容姿だっていいほうがいい、という考え方もあれば、
容姿ばかり整えても中身が伴わないならなんの意味もない、まずは、教養や心音だという意見もあります。
ただ、両方を備えて悪いことはないので、あえて美容整形を否定する必要はないでしょう。
問題は、程度の問題でしょう。いくらやっても満足できない人には、少し問題がありますし、
あまりに人の好奇の目にさらされる外的特徴を治したいというだけの場合もありますし、
状況に応じてその検討はすればいいと思います。
また同じ美容整形でも、プチ整形と言われ、メスを入れずに、1日だけの施術で済んでしまう
簡単な美容整形も医術の進歩に伴いうまれています。
たとえば、二重まぶたにする美容整形として、一で縫うだけの埋没法や、
注射をするだけでしわを消してしまう、ボトックス注射など、一昔まえでは考えられないほど
簡単で効果が高い方法が存在しています。

トップへ戻る